黑ミサ

hydeは歌が上手いなあ。

後半はhydeだったなあ。

kenちゃんとずっと一緒に音楽やっててほしい。

ほんとに仲が良さそうで、ふたりだけだとあんな感じなんだねって話をした。

今でもあんな風に笑って話をするんだね。

よかった。


幸せな時間だった。

ラルクだけはいつまでも特別。

心配性すぎるのどうにかしたい。

今回も取り越し苦労だった。

寿命が縮まってる気がする。

誰かに大丈夫だって言ってほしい。


言葉になっていないことで傷つくの、いい加減やめたいけど小さなことが気になって仕方ない。

すごく優しくしてくれた人から冷たい目で見られたような気がするっていうだけでひどく落ち込んで疲れた。

いつも気にしすぎとか、心配しすぎとか驚かれたり呆れられたりしながら言われることが多いから、また気にしすぎているだけだと思うことにする。

私が気にしていることのほとんどは、他の人の目には留まらないことなんだろう。


こんな性格で人一倍注意を要する世界でなんとかやっている自分を褒めたい。